引越し準備のポイントチェック

引越しの準備は、まず、全体像を知ってから

引越しはいつから始める?

  • 引越しをしたい
  • 引越しすることになった

 

  • まずは、何から手を付けたら・・・
  • いつから、準備を始めたらいい?

 

と、いろいろ疑問があると思います。

 

まず、引越し準備はいつから始めたらいいかですが、一か月から二か月前に始めるのが良いと思います。

 

もちろん、急な都合により、そんなに期間が無いという場合もあるとは思いますが、ある程度余裕をもってやるなら、一か月から二か月前です。

 

 

引越しはやることが多いですが、難しいことは特にありません。

 

引越しの全体像を確認して、各部をチェックして、日程、手続きなどを済ませる日などを決めていくのがいいでしょう。

 

それでは、引越しの全体像。


引越しの全体像

まずは、大雑把に流れを紹介すると、

 

  • 引越し先を決める
  • 引越しする日時を決める
  • 各種手続き(電話の移設や電気・ガス・水道の移転手続きなど)
  • 引越しの方法を決める(業者に任せるか・自分でやるか)
  • 業者を決める
  • 不用品処分
  • 荷造り
  • 引越しする
  • あいさつ
  • 荷解き
  • 片づけ
  • 各種手続き(転入・転居届や自動車の登録変更など)

 

このような流れになります。

 

各種手続きに関しては、期日に違いもあるので、順番は前後します。

 

それでは各部を紹介していきます。

引越しの流れから各部をチェック!

■引越し先を決める

 

引越し準備の始めは、まず、引越し先を決めます。

 

すでに、決まっている場合は問題ないですが、これが決まらないと計画が立てられません。

 

そして、転居先の下見が重要です。

 

なぜなら、大半の場合、引越しにはトラックを使います。

 

そのトラックを引っ越し作業中に停車スペースがあるか、長時間の停車が可能か、荷物を搬入するさいの通路を確保できるかなど、チェックしておく必要がありますし、こういったことを引越し業者と相談しておくと、当日の作業もスムーズに進みます。

 

■日時を決める

 

業者に頼む場合、月、曜日、時間で、かなり引越し料金に差がでます。

 

料金は、業者が忙しいければ、忙しいほど高いと思っておけばいいでしょう。

 

引越しの多い、2月、3月、週末、祝日、午前中が高く、引越しの少ない季節、平日、時間指定なしのフリー便、仏滅などは安くなる傾向があります。

 

業者への予約は一か月程度前にするといいでしょう。

 

ただ、急に引越しすることが決まったという場合もあると思います。

 

業者の予約が空いていれば、前日でも予約は可能ですが、断られる可能性が高いですし、料金も割高になる可能性もあるので、できれば2週間程度前には予約しておきたいところです。

 

引越しまでの期間が短いと、希望の日程で出来ない可能性もあります。

 

■各種手続き

 

各種手続きに関しては、人、状況によって必要な手続きが変わってきます。

 

詳しくは、お住まいの管轄の役所等でご確認ください。

 

引越し手続きと期間の目安一覧表

 

■引越し方法を決める

 

友人・知人の力を借りて、自分達でやる。
引越し業者に申し込む(どこまで頼むか)

 

■業者を決める

 

どこの業者に申し込むか、見積もりや交渉して決める。

 

各業者で、料金、サービスに結構違いがあるので、複数に見積もりを取って、いろいろ話をして質問などをしてみることをおすすめします。

 

■不用品処分

 

引越しのコツは、不用品処分だったりします。

 

当然荷物が少ないほうが楽ですし、料金も安くあがります。

 

物によっては買い替えを考えたり、有料、無料の不用品処分サービスや買取サービスを利用して、荷物を減らすことを考えてもいいと思います。

 

■荷造り

 

荷造り、掃除をします。

 

転居先での家具の配置、荷解き、必要なものをイメージして荷造りするのがコツです。

 

■引越しします。

 

頑張りましょう。

 

■あいさつ

 

あいさつしないというのも増えていますが、この辺は各自の判断ですね。

 

■荷解き

 

手順をイメージして、荷解きしていきます。

 

■片づけ

 

あと少しです。

 

頑張りましょう。

 

■各種手続き

 

転居後期限があるものもありますので、事前に調べておき、順番にやっていきます。

 

簡単な流れではありますが、このような流れで進めていくといいでしょう。