Top > エリア情報 > 自分だけは大丈夫?

自分だけは大丈夫?

ありふれた初心者向けのFX投資の情報では、「損失が生じたケースではナンピンすることで、平均の買い付け価格をコントロールする事が出来る」と説明されていたりしますが、現実にはそれには相当大きな引っ掛けがあると考えます。

 

まずは、ナンピン買いの方法について分かりやすく説明します。

 

一例として1ドル=100円でドルを買ったとします。

 

$買いだから、ドル高になるほど黒字が大きくなりますが、思い通りに行かず1ドルが95円までドル安に向ってしまったとします。

 

この状態で所有し続けたらプラスになるためにはマイナス分、円安ドル高に向う必要があります。

 

損は早急に回復したいと願うだろう。

 

この状況を変えるため最初にエントリーしたのと同額分のドルを1ドル95円で買い増します。

 

すると、ポジションの価格は97円50銭まで下げることができますすなわち、2.50円の幅でドル高が進行すれば損を取り戻す事が出来ます。

 

これが、ナンピンのロジックだ。

 

このとおり、ナンピン買いの仕組みを耳にすると「もっともだ」と考えたりするが、市場は簡単には思った通りにはなりません。

 

初めから、95円より下がらないとは、誰にも想像できません。

 

もしも、為替相場が強いドル安トレンドであるならば、1ドル=95円では収まらず、さらに一層円高ドル安になる可能性はあります。

 

97.50円でナンピン買いをした時に1ドル95円まで円高が速んだら、ナンピンしたポジションにも差損が生じることになってしまうのである。

 

それでは、一番初めに取引したドルとトータルで、2倍のマイナスが生じます。

 

それほど、ナンピンは難解です。

 

それなら、市場が自身の脚本とは反対の方向にすぐに進む場合どういった手段で危険を軽減すればいいのでしょうか。

 

そこで選ぶべき選択肢は限られています。

 

最初のひとつは覚悟を決めて損を確定する事です。

 

別の方法としてはその時点で、あなたが所持している買いポジションを小さくする事で、もう一度外国為替市場が元のようになるのをひたすら待つ事です。

 

ずいぶん大人しい術だと考える投資家もいるでしょう。

 

しかしながら、所有している買いポジションに為替差損が生じた時最も有効な手段はこれ以外にはありえません。

 

勿論、机上ではナンピンする考え方もあると思います。

 

しかしながらナンピンは、損をしている場面で買いポジションを減らすどころか、買いポジションを積んでいく手法です。

 

これでは、危険性を管理することなど、不可能だと考えたほうがいいです。

 

ナンピンを続ける事ができれば最終的には儲けが出るかもしれません。

 

だけど、それより先にお金がショートしてしまうだろう。

 

エリア情報

関連エントリー
東京でハウスクリーニングするならベランダもやってくれるところ返す意思を見せる発芽米で我が家は便秘知らず!食物繊維を無理なく摂取たるみ毛穴の解消でエイジングケア!自分だけは大丈夫?いろんなプランがある結婚式のフラッシュモブテスト
カテゴリー
更新履歴
クレジットカードを使用してポイント貯めています。(2018年7月30日)
私のAmazonギフト券のもらい方(2018年7月 4日)
アマゾンギフト券のお得感(2018年6月18日)
宅配買取を利用した経験や感想について(2018年5月30日)
リサイクルショップにまとめて買取依頼したらそれなりの金額になりました!(2018年5月30日)